暮らしを共にする仕事【保育士さんと話してみよう!どんな専門性があるの?保育園 / 幼稚園以外のこれからの子育てのあり方って? TOKYONIST#4】

f:id:sasakuremomoko:20171117004437j:plain

暮らしを共にする仕事。と聞いてどんな仕事を思い浮かべますか?

今、保育園をつくる仕事をしています。私がやっているのは、保育士を採用するための広報。 保育士さんは何をみて何を感じどんな仕事をしているのか。

保育士さんにインタビューをしてもまだつかめない感じがしていました。

そんな中で保育という仕事がゆるやかに輪郭づいたのが、冒頭の言葉を聞いたとき。 暮らしを共にする仕事とは、保育士のこと。

 

今回「保育士さんと話してみよう!どんな専門性があるの?保育園 / 幼稚園以外のこれからの子育てのあり方って? TOKYONIST#4 | Peatix」に行ってきました。

「暮らしを共にする」はゲストの小笠原舞さんの言葉をお借りしました。

小笠原舞さん

保育士起業家 / 合同会社こどもみらい探求社 共同代表
asobi基地

法政大学現代福祉学部現代福祉学科卒。
幼少期に、ハンデを持った友人と出会ったことから、福祉の道へ進む。
大学生の頃ボランティアでこどもたちと出会い、【大人を変えられる力をこどもこそが持っている】と感じ、こどもの存在そのものに魅了される

現代社会のニーズを組みながら時代にあった子育てコミュニティをつくるなど、子育ての現場と社会を結びながら、子どもに関わる課題の解決を目指して、常に新しいチャレンジを続けている。

 

 

 

暮らしを共にするってすごい大事じゃないですか? 遊んで食べて寝て遊んで。

その中にはすごく楽しいことや、悲しいこと、ケンカすることも当然あるでしょう。 そういった事柄に保育士さんは寄り添っている。

自分が仕事をしているのと同じくらい、というかそれ以上の時間を。

ただ預かってもらってるっていう話じゃないと思うんですよね。だから暮らしを共にするという言葉がとても印象に残った。

 

 

一方で暮らしを共にするって保育士さんだけがすることじゃないとも思う。

子どもに対して役割を持っている人というか関わる人って、親と保育士だけじゃなくていい。

近所のおばちゃんおじちゃんだったり、休憩中のビジネスマンだったり。 関わる人たちが少ないことは、関わる本人たちが苦しくなるときもあるし、子どもにとっても狭い社会になってしまう。

保育園は子どもが家族以外と出会う初めての社会なわけだし。

今つくっている保育園には預ける人と預かる人以外も来れるスペースを設けるけど、その意味と大事さをよりいっそう感じました。

 

 

子どもたちの暮らしの一端に触れたくなったら、ぜひ小笠原さんの主催するasobi基地に行ってみてください(私はこれから)。

また今回のTOKYONISTは定期的に開催されているようです。

TOKYONISTとは、身の回りの様々なテーマ(暮らし・IT・芸術・仕事・社会…)ついて考えや思ったことを話し合うイベントです。様々なバックグラウンドを持つ人が集まり、多様な意見を楽しめる場所です。