#振り返り週報「何もしない勇気」2018/12/31〜1/6

こんにちは、ももこ(@sasakuremomoko)です。

夫の駐在を機にマレーシア(8ヶ月間)を経て、ベトナム在住(2週目)。

マレーシアでもリモートワークでマーケティングとデザインの仕事をしていましたが、ベトナムへの引っ越しを機に休職中。

海外生活での心身の健康を保つために、振り返り日記を書いています。

  • 東南アジアやベトナムでの駐在妻生活ってどんな感じ?
  • 1週間の振り返りってどうやって書いているの?
  • 他人のなんでもない日記を読んでみたい

という方はぜひどうぞ🙌

〈今週のリモートワーク〉

休職中のためなし。だけど、フリーのお仕事の請求書2通送らないといけないだった!2018年の忘れもの。

〈今週読んだ本〉

①具体と抽象 世界が変わって見える知性のしくみ

このツイートの抽象化という言葉にびびっときて、Amazonの欲しい本リストからポチッとしました。


ものすごくいい本だった。レビューを書きたいのだけどなんだかうまくまとまりそうもなく、とまってる。

ひと言でいうと、具体的なことがもてはやされるけど、抽象と具体のいったりきたりが大事だ、という本。

新卒で就職したコンサルの社長はこれが上手だった。実際に抽象と具体を往復しろといわれたけど難しく、提案フェーズから実行フェーズにうつり、目の前の企画、集客、そして先方への報告資料作成に忙しくて、具体の毎日。抽象化のスキル身につかず…。

上司の言ってることがイマイチ腑に落ちない、コロコロ変わると思ってる新人さんや、思われてると感じる人はぜひ読んでほしい。

読後に「実際にどうやって抽象化スキルを身につければ?」という疑問が浮かんだので、今度はこちらを読む予定。


②自由になるトレーニン

夫が瞑想(マインドフルネス)をはじめたので、わたしも寝つきに効果があればなあと、こちらの本を手に取りたかったのですが、海外にいるせいかダウンロードできず。

具体的な瞑想の方法はでてきませんが、それでもいい本でした。

  • 今ここに集中する
  • ポジティブな感情だけでなく、ネガティブな感情にも気づいて受け止める

というエッセンスが随所にちりばめられていて、スッと頭がクリアになりました。

さらに、宗教って目的を達成するためのトレーニングなんだとふにおちたのも嬉しい副産物。

先月まで住んでいたマレーシアはイスラム教の国。なぜヒジャブをかぶったり🧕、断食できるんだろう?と不思議だったけど、自分の中で解決しました。ヒジャブ恋しいな〜。


〈今週の外食〉

①店名不明(ブンティットヌン/1区、高島屋近く)

ベトナムではじめての路上屋台に挑戦しました。ときは2018年12月31日。マレーシアで苦しんだ食中毒が脳裏にうかび、さけていましたが、大みそかパワーが後押ししてくれました。

ブンティットヌン(Bun Thit Nuong)とは、汁なし米粉麺のこと。炭火やきのおそらく豚肉、紅白なます、ピーナッツがトッピングされてます。あまからすっぱいたれをかけていただきます。

これにポーク春巻きが追加されると、ブンティットヌンチャーヨー。

これはめっちゃ好きな味……!フォーもすきなんだけど優等生すぎる。味にパンチがあって、よりアジアンな食べ物がすきな人におすすめ。


屋台のイスにすわると目線がちょうど道行く人のひざになるので、ヒザ飯だな〜と屋台飯を勝手名付けたり、鳥の親子がチョロチョロとお散歩してる様子をながめたり、とってもステキな時間でした。


②Cafe De Body Friend(カフェ/ビンタン区)

ビンタン区のビンホームズエリアで、食べ物があるカフェをさがしもとめてたどり着いたのがこのお店。

二階にいってびっくり。韓国企業のマッサージチェアショールームだった。カフェ利用すれば無料でつかえるみたい。スタッフ1名はカフェ店員兼マッサージチェアの営業。

公共のゆったりくつろぐ場所であるカフェに、プライベート空間でくつろぐマッサージチェアが同居していることに違和感を感じえないですが、おもしろくて笑った。


③Pho Hung(フォー)

フォーのチェーン店。日本でいったら丸亀製麺みたいな感じ。ホーチミン各所にあるので食べてみましたが、今まで食べたフォーを越すものではなく、もう行かないかも〜。


④Nam Giao Restaurant(フエ料理/1区、ベンタイン市場近く)

場所がわかりずらく、ド生活エリアのヘム(路地)にまよいこんでしまいました。ローカルの方の生活を垣間みてしまった。

お店へと続く路地はこちら。黒いリュックを抱えた女性がいるところ。

こちらもこちらで、両脇にネイルサロン?が立ちならび、慣れない熱気にあふれてました。

ブンボーフエ(牛肉のフォー)を注文。ピリ辛酸っぱい。


⑤Okkio Cafe(カフェ/1区、ベンタイン市場近く)

自然光がたっぷりはいって明るく、清潔感のあるカフェ。地下鉄工事のようすがみれて、景色の移り変わりもたのしめそう。

3年後には景色もその中のこのカフェも今とはずいぶん違うんだろうな。今はしずかな隠れ家的な雰囲気です。

〈所感〉

ここから下は1週間遅れで書いています。気が乗らなくて、書こう書こうと思いつつ、更新日の今日になっちゃった。

1月7日週の振り返りを書くために、まずはこちらを終わらせます。

年越しの週でしたが、ベトナムは1月1日のみが休みで会社もお店も通常運転のため、お正月らしさはなく…。31日に高島屋におせちらしきものを探しにいきましたが、残念ながらありませんでした〜。マレーシアだったらありそうだったなあ😂

せめてもとおもちを買って、夜はかき揚げそばにしました。

元旦は夫のゴルフの練習についていき、ぼーっと。カラッと晴れてきもちよかった。ステキな2019年最初のいちにち。


翌日以降は「日本はお正月休みだ」と、わりとだらーっと過ごしたためか金曜日に「なんかしてないとツライ」状態に。ノートを見返すと実際はそうじゃないけど、時間があるといろいろ考えちゃいますね。

しかしこの言葉に救われて浮上しました。

「しなくてもいい」という許しが自分自身で得られると「してもいいな」という余裕が持てる。

引用:ごろごろできる才能。「しなくてもいい」が許せると 「してもいいな」という余裕が持てる

仕事してないから時間がたっぷりあって、悩まなくてもいいことに頭を使っちゃうんだ。と負の扉をあけてましたが、考えずにすむ環境を選びたいか?と自問するとそれもちがう。

今の環境を享受して、そこから生まれる気持ちも大事にしたいと思いました。

仕事という平日の大半をつかうものを、ポーンっと抜くと、新しい自分が見えてきますね。


それでは。